カジノのジャンケット日本導入は反対意見が多いです

カジノの醍醐味を思う存分楽しむ時に利用したいのがVIPルームですが、そのサービスを受けるのに活躍してくれるのがジャンケットです。
VIP上客のマネージャーでありコンシェルジェ的な役割を担っていて、端的に言うとVIPのサポートをする人のことです。
ホテルや食事の手配、支払いやその他の雑用などほとんどすべてを引き受けてくれるので、執事と言っても過言ではありません。
カジノのお店はギャンブル好きな人にとって一度は行ってみたい場所で、ラスベガスやマカオに行って一晩で億万長者になった人もいます。
そうした中VIPルームで楽しむことができれば夢のような世界で、そのシステムは非常にゴージャスです。
ただVIPルームに入るには巨額のお金が必要で、日本円で200万円以上のチップを払う必要があります。
ゴージャスな遊び方ができるVIPに対して最上級のもてなしをするのがジャンケットの役割です。

マカオのカジノにはジャンケットシステムがあり、世界最大規模の収益を上げる大型遊戯施設を有する国なので掛け金が大きい富裕層が沢山訪れます。
ハイローラーをマカオに連れてくるのが主な仕事で、1回の掛け金が大きいので大きなお金が動くことになります。
富裕層は施設の収益全体に関わる大切な大口客なので、そうした人たちをVIP待遇でもてなすことでできるだけ多くのお金を落としてもらうよう尽力しています。
そのための商売なので、巨大なカジノ産業を支える大きな力と言えるでしょう、
プライベート機でマカオにやってきたハイローラーをリムジンでホテルに連れていき、下半身の世話までしてくれます。
特別待遇の在り方は色々ですが、マカオの各カジノ店のVIPフロアやルームの多くはジャンケット業者が運営しています。
業者が発行したVIPメンバーズカードなら、提携している複数の系列でカジノを楽しむことが可能です。

日本でもいよいよカジノ解禁が叫ばれていて、テレビやニュースで話題になっています。
そうした中、政府の統合型リゾート施設推進本部事務局はゲームの運営や賭け金の貸し付けなどの業務を業者に委託する行為を禁止する方針を打ち出しました。
政府関係者はジャンケットの活動は大幅に制限されると話していて、IR整備推進法に基づいて有識者会議を設置することで制度設計の議論を進めています。
有識者会議においては資金洗浄対策が議論されており、マネーロンダリングや反社会的勢力の関与などの問題があると指摘されています。
そのため、有識者会議では導入について慎重な意見が大半を占めました。
大口顧客をあっせんするジャンケットの禁止は妥当と考えられていて、日本では中間層の顧客獲得こそが重要であるという認識に至っています。