通販で化粧品を購入するときは「成分」を確認しよう!

beauty-160457_1280 通販で化粧品を購入する際、最も確認すべきなのは、値段よりもブランドよりも、まず成分です。特に敏感肌やアレルギー持ちの方は注意して欲しいところです。例えば今日、シミ消しクリームに「ヒドロキノン」が使われているのが良く知られていますが、これは肌が赤くなったり、色が抜けて真っ白になってしまうことがある物質です。
化粧品の成分はボトルまたは箱に含有量順に表示されていますが(1%以下の下位配合は順不同)、注意して見なければならないのは1~2段目の上位配合の部分です。肌のトラブルを抱えている方は、以下に該当するものを見つけた場合は、購入を見送った方がいいでしょう。
挙げられるのは、「プロピレングリコール」(略称:PG)、「ジプロピレングリコール」(DPG)、「エタノール」、「アスコルビン酸(ビタミンC)」です。あれ、ビタミンCが入っている? と首を傾げた方もいるでしょう。ビタミンCは経口摂取ならほとんど問題ありませんが、それ自体は酸性で強刺激の物質です。皮膚に塗布したら溶けてしまう可能性や、シミ抜きをしようとしたらかえって色素が沈着してしまった、という危険性もあるのです。
また、下位配合でも注意しなければならないものもあります。先程も例として挙げた「ヒドロキノン」、それと似た分子構造を持つ「ロドデノール」、「レチノール」、そして「エッセンシャルオイル」が挙げられます。特にエッセンシャルオイルは、その芳香の血行促進などの健康効果や高い美容効果でよく知られていますが、アルコールやアルデヒド類を濃縮したものがそもそもですから、刺激がないとは言い切れないのです。
通販だからといって気軽に何でも買ってしまう前に、ご自分の健康のためにも、成分はよく確認しておきましょう。トラブルが起こってからでは、遅いかも知れませんから。

化粧品のホームページ制作はゼロ式にご相談くださいませ。